代表からのごあいさつ

2013年5月1日、

総合プロダクション「アズゥ -AZUL-」は、

お陰様で、2周年を迎えることができました。


厳しい中でも、ここまでやってくることができたのは、
時に優しく、また時に厳しく、応援し、見守ってくださった
多くの皆様のおかげにほかなりません。
とても一言では言い尽くせないことではありますが、
まずは、この場を借りて、ご縁のあったすべての皆様に、
この感謝の気持ちをお伝えできればと思います。


AZUL創設一年目は、
私にこの業界に入るきっかけをくれた映画「海猿」のシリーズ4作目に出演するという、
あきらめかけていた夢を実現することができ、以来「決してあきらめない」という
この映画のテーマともいうべきフレーズは、AZULのキーフレーズにもなりました。


続く二年目は、
「ドラマ界に進出!」という目標を掲げ、自ら複数のドラマ作品への出演に加え、
ドラマ「サキ」では、エキストラメインとはいえ、キャスト枠、クレジット枠を含む
キャスティング協力をさせていただくに至りました。


これからの三年目は、
今までのご縁をさらに深めつつ、ドラマ、CMのお仕事などを増やしていきたいと
考えておりますが、加えて「映画界への再進出!」という目標を立てました。
映画は、撮ってから公開されるまでに少し時間がかかりますが、
2014年には、AZULメンバーの出演作が、次々と公開されていくようになることを
目指して活動してまいります。


また、本年5月1日付で、所属メンバー も倍増しました。
さらには、提携先なども増え、ご紹介できる俳優の数が充実。
キャスティング事務所としての機能も果たせるようになって参りました。
これまで、一人、二人では成し得なかったことも、
メンバー同士が協力し合うことで実現できることが、確実に増えています。


三年目の「アズゥ -AZUL- 」は、
夢を同じくする仲間とともに、微力ながらも、
ドラマ界を、映画界を、CM界を、そして芸能界を盛り上げて参りたいと思います。
これからも、皆様のさらなるご支援を賜りますよう、
改めまして、何卒よろしくお願いいたします。

2013年5月 代表 安住 啓太郎