代表からのごあいさつ

2018年5月1日、

総合プロダクション「アズゥ -AZUL-」は、

お陰様で、創立7周年を迎えることができました。


本日、この日を迎えることができたのは、
時に優しく、また時に厳しく、アズゥを応援し
見守ってくださった多くの皆様のおかげにほかなりません。
とても一言では言い尽くせないことではありますが、
まずは、この場を借りて、ご縁のあったすべての皆様に、
この感謝の気持ちをお伝えできればと思います。
本当に、ありがとうございました。


全く無名の役者であった私が、何とか芸能界で生き残ろうと
個人事務所を立ち上げたのがちょうど7年前。
それが、アズゥの始まりでした。
創立時は、役者2名、監督1名だけの小さな事務所。
何のつてもないところから、少しずつお取引の幅が広がり、
徐々にお仕事もいただけるようになってきたのに合わせて、
メンバーも少しずつ増やして参りました。


本日現在、アズゥの専属俳優は、11名。平均年齢、42歳。
29歳~59歳という幅で、業界でニーズの高い年代に、
それぞれ実力のある魅力的な俳優が揃っています。


皆、本当に信頼できる善きパートナーで、
俳優部として、役を任せられるだけの十二分に力のある俳優ばかりです。
また、皆、日々、確実に成長し続けており、
近い将来、多くの方々、作品に必要とされる、
より魅力的な俳優に育っていくと確信しております。


さて、8年目の「アズゥ -AZUL- 」は、
メンバー全員が、俳優業を通して、常に自らの進歩を感じられる日々を送り、
アズゥメンバーが関わるすべての作品を通して、
より多くの方々に笑顔をお届けできるよう精進して参ります。
メンバー一人ひとりの活躍の場が増え、
今までよりも多くの方々の眼を、そして耳を楽しませることができますように…。
皆様のより一層のお力添えを賜りたく、メンバーともども、何卒よろしくお願いいたします。

2018年5月 代表 安住 啓太郎